ジュラシックワールド「炎の国」の感想

評価☆☆☆☆☆☆☆☆

ジュラシックワールド炎の国を映画館で3Dで観てきました。もともとこのジュラシックシリーズが大好きな自分にとっては外せない作品ですが、最近のCG技術の向上に伴い、昔よりも面白くなっている数少ないシリーズ作品だと思います。

ジュラシックワールド1では、隔離された島を舞台に恐竜が暴れていましたが、今回はもはや人里離れた場所ではあるものの、人の住む場所での恐竜トラブルに繋がってしまっているのが、スリル感たっぷりでした。しかし、舞台は恐竜の取引が行われる豪邸のみなので、規模は1の方が大きかったかなと思います。やはり、恐竜には大地を思いっきり走って、暴れてほしいなと思います。出てくる恐竜の数も少ないですし、ほとんどがずっと狭い檻に入れられていたので、あんまり雄大な姿を拝むことができませんでした。どうしても肉食恐竜がメインになるので、草食恐竜の露出は特に少なかったです。もう少し多種の恐竜の堂々とした姿も描いて欲しかったです。

この作品で特に気に入っているのは登場人物一人ひとりの個性の面白さです。主人公のオーウェンは気さくで恐竜のことを一番に考えていることが伝わり、かなり応援したくなるキャラクターです。1では口笛が吹けずに已む無く吹き替え口笛となってしまったオーウェン演じる俳優が、今回はばっちり自分の口笛を披露しているところも個人的に見どころでした。
ヒロインのクレアはちょっとうるさい感じの小綺麗な女性でしたが、今回は結構逞しい女性になっていました。二人の関係もどうなるか気になります。
また、今回初登場した女の子のメイジーはとにかく可愛いです。やんちゃで人懐っこい感じも可愛いです。娘が欲しくなります。動きは子供ならではの俊敏さを持っていて、足を引っ張るキャラクターと思いきや「意外とやるなぁ」と思わされるシーンのほうが多かったです。

次はいよいよ人と恐竜がどう共存していくかがテーマになるかなと思います。
監督がインタビューでジュラシックワールドは三部作で作ると言っていたのをニュースで見ていましたが、次で最後となると楽しみにしつつも正直寂しい気持ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です